運動した方がいい?運動不足になるとニキビ出来る3つの原因

 

大量に汗をかいた時に皮脂や汚れが毛穴に詰まり、アクネ菌が増殖してしまうのがニキビが出来る原因になっているので、運動をしている人に多い傾向がありました。

 

特に激しい運動をすると体内に活性酸素が発生してしまうので毛穴に詰まった皮脂や汚れを酸化させてしまいます。

 

それで大量にニキビが出来てしまうので運動をしないようにしてニキビの予防をしている人もいます。

 

しかし運動不足になっていてもニキビが出来てしまう事があるので注意が必要です。

 

そこで運動不足になるとなぜニキビが出来てしまうのか原因を挙げていく事にしましょう。

 

肌のターンオーバーが乱れる

 

運動不足になっていると血液の循環が悪くなってしまいます

 

それで血行不良になってしまうので肌に必要な栄養素が全身に行き渡りにくくなります。

 

栄養不足になってしまうと肌のターンオーバーが乱れてしまうのでニキビが出来やすいような状態になってしまいます。

 

長い期間運動不足になっているとニキビがたくさん出来てしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

睡眠の質が下がる

 

運動をしている時は質の高い睡眠をとる事が出来ますが、運動不足になっていると自律神経が乱れてしまい睡眠の質が下がってしまいます。

 

睡眠の質が下がると成長ホルモンの分泌量が減ってしまうので肌の修正が不十分になってしまいます

 

それでニキビが出来やすい状態になってしまいます。

 

ストレスを溜めてしまう

 

運動をしている時はストレスを発散する事が出来ているので気分的にはすごく良い状態になっています。

 

しかし運動不足になっていると気分転換する事が出来ていないのでストレスを溜めてしまうようになります。

 

ストレスを溜めてしまうとホルモンバランスが乱れてしまうのでニキビが出来やすい状態になってしまいます。

 

運動不足になるとニキビが出来てしまうのはこのような原因があるので予防していくには定期的にウォーキングなど軽めの運動をするのがオススメです。

 

軽めの運動だと続けやすいですし体に負担がかかる事もないのでニキビが出来にくい肌を作り上げていく事が出来ます。