手で触った時に気になっても我慢!ニキビを潰す4つのデメリット

 

顔などにニキビが出来ると手で触って潰したくなってしまう事も多いでしょう。

 

特に白ニキビが潰して膿を出した方が治りやすいと言われているので最近では潰してしまう人も多いです。

 

しかしニキビを潰してしまうといろいろなリスクがあるのであまりオススメする事は出来ません。

 

そこでニキビを潰すとどのようなデメリットがあるのかしっかり確認していきましょう。

 

炎症が酷くなる

 

ニキビを潰すと膿を出す事が出来ますが、周辺の組織を傷つけてしまう可能性があります

 

周辺の組織を傷つけてしまうと雑菌が浸入してしまい炎症が酷くなってしまいます。

 

それでニキビが出来ている部分が痛み出したりする事もあります。

 

また炎症が酷くなると治りにくくなる事も多いので注意が必要です。

 

感染を繰り返すようになる

 

ニキビを潰すと細菌が出てきてしまう事があります。

 

その細菌が手に付着したまま別の部位を触ってしまう事で感染してしまいます。

 

ニキビを潰していると細菌が手に付着して別の部位を触る事を頻繁に行ってしまうので感染を繰り返すようになってしまいます

 

それでニキビが治るまで時間がかかってしまう事も多いので注意が必要です。

 

ニキビ跡が残る

 

小さいニキビを潰す時はそれほど影響しませんが、大きなニキビを潰してしまうと肌に強い刺激を与えてしまいます

 

それで皮膚が剥がれてしまう事もあるのでニキビが治った後ににきび跡が残る可能性があります。

 

ニキビ跡が残ると肌が汚く見えてしまうのでコンプレックスを抱えてしまうようになります。

 

それで快適に日常生活を送る事が出来なくなるので注意が必要です。

 

黒ずみが出来る

 

ニキビを潰すと肌に強い刺激を与えてしまうので保護しようとしてメラニンが発生します

 

それで肌を保護するために色素沈着を起こしてしまうので黒ずみが出来てしまいます。

 

特にニキビをたくさん潰していると大きい黒ずみが出来てしまう事があるので注意が必要です。

 

ニキビを潰すとこのようなデメリットがあるので気になって手で触った時に潰さないように我慢しましょう。