うつ病は発症原因・治療環境・重症度などで治療期間は異なる

「うつ病とは気長に付き合う」
うつ病の発症原因のひとつに、精神的ストレスがあります。

 

死別にストレスを感じる方は多いですが、
新しい命が誕生してストレスを感じる方もいるなど、精神的ストレスは人によって受け止め方が異なります。

 

精神的ストレスを感じ難い方もいれば敏感な方も、精神的ストレスに敏感な方でも敏感な時と敏感でない時もあり、精神的ストレスをコントロールすることは容易ではありません。

 

うつ病の原因が物体であれば、遠ざかることで症状を緩和することが可能ですが、精神的ストレスは受け止め方次第でどこにでも現れるため治療が困難、そのためうつ病は気長に治療をすることが望ましいです。

 

「うつ病のメリット」
ストレスと感じるか感じないかは受け止め方次第、そのため物事を楽天的に捉える方はうつ病になり難いとされています。

 

うつ病患者からすると楽天的な思考の持ち主は羨ましく思えますが、楽天的な方は危機に対しても楽天的なため、警戒心のあるうつ病患者より、危機の対応が遅れ被害が増大するとも言われています。

 

健常者はお金を掛けないと生活に満足が得られませんが、うつ病の方は普通な生活を送れるだけでも幸せを感じられるため経済的です。

 

うつ病をマイナスと捉える方が多いですが、プラスを増大させるより、マイナスをプラスに変えるほうが大変、うつ病を克服する価値は十分にあります。

 

「うつ病の治療は専門医」
うつ病を発症する方が多い今日、精神科以外でもうつ病に利く薬を処方されますが、精神疾患に限らず病気は早期の適切な治療が大切です。

 

男性が腹痛時に産婦人科へ行かないように、物事には適材適所があり、うつ病になったら精神科病院へ早期に行きましょう。

 

素人判断で様子見をするのは危険、うつ病は悪い思考回路に陥っているため、「鉄は熱いうちに打て」ではありませんが、早い段階で正しい思考回路に導く必要があります。

 

そのためには、うつ病治療の経験が豊富な専門医に掛かることが賢明とされています。

 

「異なる治療期間」
個人クリニックでは入院治療が出来ないため、重度のうつ病でも即日に返されます。

 

入院施設が整った病院では、患者自身や周囲に危害を加える可能性がある者に対しては、強制隔離することも法的に可能、その場合は長期の入院になることもあります。

 

患者にとって入院はストレス、強制隔離になると更にストレスは増大、しかし、入院治療なしでは重度のうつ病を緩和させることは困難です。

 

うつ病が重度化すると治療が困難なため、うつ病は早い段階で治療に望むことが、早期回復への唯一の手段です。